トップ / 悪徳ゴミ屋敷業者に注意

ゴミ屋敷業者の相場

悪徳ゴミ屋敷業者に注意

ゴミ屋敷業者の注意点とは

ゴミ屋敷専門業者の中にも残念ながら「悪徳業者」は存在します。料金をはじめ、業界の統一基準が無いため、不法行為やぞんざいな対応が横行しているのです。そのような業者に引っかからないためには、見積もりを依頼する時点から相手の対応を見極め、誠実さが感じられなければ選ばないようにします。

業者の規模は、名の知れた大手だから安心というわけでもなく、逆に家族で経営しているような小規模の業者がきめ細かい対応をしてくれる場合もあります。むしろ業者選びにおいては、ゴミ屋敷を処理した経験を重視したいところです。作業を要領よく進めてくれるか、どんな事情でも素早く察知してくれるかなど、経験の差が大きく影響します。

もう1つ注意したいのがゴミの「不法投棄」です。本来ゴミ屋敷から回収されたゴミを

1.その場から持ち運ぶ
2.一時的に別の場所で保管する
3.ゴミ処理場に持ち込む

いずれも行政の許可が必要です。家庭用のゴミであれば「一般廃棄物処理業許可」を自治体に申請しなければいけません。ただし免許が無くてもゴミ屋敷での作業は可能であり、その場で免許を持つ別の業者にゴミを引き渡せば問題は無いのです。

もし免許の無い業者が違反して運搬すると、当然ゴミを処分できないので、結果として不法投棄につながります。また、別の業者に引き渡しても、その先の処理状況が分からなくなる可能性があります。

最近では個人情報の流出が社会問題になっています。ゴミの中にそういった書類やデータが残ったままのパソコンが含まれていたら、業者が悪用したり、不法投棄された中から誰かが持ち去るリスクがあるのです。依頼する時はこうした許可の有無や、個人情報が含まれていた場合の処理方法について必ず確認しましょう。特に個人で「なんでも屋」と称して経営している場合は要注意です。